こんにちは、MakeShopのあらいです。
いつもMakeShopをご利用いただきありがとうございます。

今回は、PCでサイトを閲覧している際に、スマホでもページを確認したい時に便利な「Google Chrome」でQRコードを作成する方法をご紹介します!

こんなお悩みありませんか?

・PCで閲覧しているページをスマホでもすぐに見たい
・QRコードを使ってページを共有したい

そもそも、「QRコード」って?

「QRコード」は、小さい面積に、大容量の情報をコードに表現し、高速な読み取りが可能なものです。最近ではスマホでQRコードを読み取ってサイトを閲覧するなど、利用する機会も増えてきました。※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

スマホでページを見たい時に便利
「Google Chrome」でWebページのQRコードを作成してみよう!

早速QRコードの作成方法を見ていきましょう!

作成方法

(1)共有したいページを開く

Google Chromeブラウザで、QRコードを作りたいWebページを開き、画面上部のアドレスバーをクリックします。

QRコード

■Google Chrome(グーグル クローム)
外部サイト:⇒【Google Chrome】ダウンロードページ

(2)QRコードアイコンをクリックする

アドレスバー右側に表示されているQRコードアイコンをクリックします。

QRコード

・アドレスバー右側にQRコードアイコンが表示されない場合は、共有アイコンをクリックして、プルダウンよりQRコードアイコンを選択してください。

QRコード

(3)QRコードが表示される

恐竜の絵が付いたQRコードが表示されます。
QRコードはダウンロードすることもできます。

QRコード

完了

→かんたんですね!

閲覧したいスマホで、表示されたQRコードをスキャンしてページを確認してみましょう!
※QRコード読み取りアプリを利用していない場合は、ダウンロードが必要になる場合があります。(iPhoneの一部の機種はカメラで撮影して読み取ることができます)

ご注意!

・記載情報は2022年6月時点のものです。
・バージョンなどにより設定方法、設定画面の変更により、記載内容が仕様と異なる場合がございますのでご了承ください。

いかがでしたでしょうか。
QRコードを使って、かんたんに素早くページを共有したい際にぜひご活用ください。

Google Chrome以外で、QRコードを作成したい場合は、
QRコードおすすめ作成ツール”無料”3選をご紹介をご参照ください。

それではまた!