こんにちは、MakeShopのあらいです。
いつもMakeShopをご利用いただきありがとうございます。

今回は商品の『販売価格』を「税抜」価格で表示されているショップ様方向けに「税込」の総額を表示する方法をご紹介します!

※この記事は「消費税の設定」商品価格の設定を「税抜」に設定しているショップ様が対象です。

『2021年4月から商品の総額表示が義務化』

2021/4/1(木)より、購入者がわかりやすいように、税込の販売価格(商品やサービスの価格に消費税分を加えた価格)を表示する「総額表示」が義務化されます。
販売価格を、税抜価格のみ表示しているショップ様は、必ず2021/3/31(水)までに税込価格の総額表示に変更しましょう!
参照:国税庁「「総額表示」の義務付け

ネットショップ消費税総額表示

早速設定方法をみていきましょう。

税込の総額価格を表示しよう

価格表記を設定する【必ずご対応ください】

【ショップ作成】>【決済・注文関連の設定】>【消費税の設定】

「価格表記の設定」に税込価格が表示されるタグ[TAXPRICE]を入力します。
入力例を参考に設定してください。

価格表記の設定
オンラインマニュアル「消費税の設定」

▼入力例

→ 11,000円

→ 11,000円(税込)

→ 11,000円(内税1,000円)

→ 11,000円(税抜10,000円)

・オプションごとに価格を設定している場合
【ショップ作成】>【デザインの設定】>【トップページ商品配置の設定】
「商品のオプション価格の表示設定」にも必ず税込価格を表示するタグ[TAXPRICE]を入力してください。※カテゴリーページ・検索結果ページに反映されます。
入力例)『[TAXPRICE]円(税込)から』
オンラインマニュアル「トップページ商品配置の設定」

完了

デザインテンプレート、独自デザインテンプレート(ベーシックモード/クリエイターモード)のソースをカスタマイズしていないで表示されているショップ様は、以上で設定完了です!

どのページも税込価格が表示されているか確認してみましょう。

価格表示デザインのカスタマイズ

ここからは、価格表示のデザインをカスタマイズすることができるページ(一部のページのみ)の変更入力例をご紹介します。

※デザイン編集をする際は、ソースを個別に保存したりバックアップしてから作業するようにしましょう。

その1.ベーシックモード(PC)

ベーシックモード(PC)では、トップページ、カテゴリーページ、商品詳細ページ(商品情報をまとめて表示する[INFO]タグを使って表示している場合)には、
上記でご案内した【消費税の設定】「価格表記の設定」に入力した内容がそのまま反映されます。

※商品詳細ページを(商品情報をまとめて表示する[INFO]タグを使わないで表示している場合)は、次のように直接HTMLを編集して価格表示を変更することができます。

【独自デザイン(PC)】>【内部ページ編集I】>【商品詳細画面管理】

▼入力例

→11,000円(税込)

→11,000円(内税1,000円)

→11,000円(税抜10,000円)

・ベーシックモード(PC)では、トップページ、カテゴリーページ、商品詳細ページ以外は設定に関わらず全て税込価格が表示されます。

その2.ベーシックモード(スマホ)

ベーシックモード(スマホ)では、商品詳細ページのみ価格表示をカスタマイズすることができます。

【独自デザイン(スマホ)】> 【スマホデザインの設定】
適用中のスマホテンプレートの「編集」をクリック【商品詳細画面】

▼HTML初期値

→11,000円(税込)

▼変更入力例

→11,000円(内税1,000円)

→11,000円(税抜10,000円)

・予約販売、定期購入、会員特別価格、およびビジネスプランは、価格表示をカスタマイズすることはできません。
・ベーシックモード(スマホ)では、商品詳細ページ以外は設定に関わらず全て税込価格が表示されます。

その3.クリエイターモード

自由度が高く、効率的なデザイン編集が可能なクリエイターモードでは
クリエイターモードタグ一覧にある、タグを組み合わせて自由に価格表示することができます。

例えば、商品詳細ページの価格表示は次のように入力してください。

【独自デザイン】>【クリエイターモード】>【商品詳細】「HTML」

▼入力例

→11,000円(税込)

→11,000円(内税1,000円)

→11,000円(税抜10,000円)

・円や¥などの表記は、お好みで入力してください。

いかがでしたでしょうか。
各テンプレートの初期値のソースをご利用のショップ様は、かんたんに税込価格表示に変更することができます!

税抜価格表示にデザイン修正されているショップ様も焦らず、入力例を参考に3月中に税込価格を表示するようにしましょう。

それではまた!