こんにちは、MakeShopのあらいです。
いつもMakeShopをご利用いただきありがとうございます。

今回は、カスタマーサポートチームによる、「ラッピング」や「熨斗(のし)」を選んでもらうための"設定方法3パターン "をご紹介します!

こんなお悩みありませんか?

・特定の商品のみ、ラッピングやのしを選べるようにしたい
・必要な時だけ、ラッピングやのしを選んでもらいたい
・ラッピングやのしは追加料金にしたい

設定方法3パターン

まずは、希望の設定タイプを確認してみましょう。

フローチャート

【A】【B】【C】それぞれの特徴をご紹介いたします。

【A】注文画面の備考欄を使う(注文/配送備考の設定)

・ショップ全体(全商品)に設定できる
・ラッピングやのしは「無料」になる

【B】商品に選択肢を付ける(オプショングループ)

・「全商品」または「一部の商品」に設定できる
・ラッピングやのしは「無料」か「追加料金あり」どちらにもできる
・商品に『オプション』を設定していなければ、付けることができる

【C】「ラッピング」という商品を作る

・すでに商品に『オプション』や『オプショングループ』を設定している時に使用する
・ラッピングやのしは「無料」か「追加料金あり」どちらにもできる
・商品とラッピングの消費税率を変えることができる
・商品詳細ページ内に「ラッピング商品」へのリンクを付けることができる

「ラッピング」や「熨斗(のし)」を選んでもらおう!
"設定方法3パターン"

熨斗

【A】注文画面の備考欄を使う(注文/配送備考の設定)
【B】商品に選択肢を付ける(オプショングループ)
【C】「ラッピング」という商品を作る

【A】パターン
注文画面の備考欄を使う(注文/配送備考の設定)

設定

注文画面の備考欄を設定しましょう。

【ショップ作成】>【配送関連の設定】>【注文/配送備考の設定】

「新規作成」ボタンから備考欄を作りましょう。

新規作成
オンラインマニュアル「注文/配送備考の設定」

注文/配送備考の設定

【1】「タイトル」:お客様へのご質問内容を入力します。
【2】「入力形式」:「Radio」はラジオボタンを表示します。1つだけ選択してもらう形式です。
【3】「必須可否」:希望する時だけ選べるように「選択」にしましょう。
【4】「一行で表示する数」:「1」を入力ししてください。
【5】「表示個所」:注文単位で選択肢を表示する場合は「注文備考」、配送先単位で表示する場合は「配送備考」を選びます。

・【2】「入力形式」で「Text」を使って「ラッピングご希望の商品をご記入ください」
  と入力することもできます。
・【5】は、【ショップ作成】>【配送関連の設定】>【配送タイプの設定】複数配送設定を「利用する」にチェックを入れている場合に限り「表示個所」の選択項目が表示されます。

次に選択項目を入力し保存しましょう。

選択項目を入力

完成!

決済画面1(送付先入力)の下部、備考欄に表示されました。

注文備考

【B】パターン
商品に選択肢を付ける(オプショングループ)

・1つオプショングループを作成すると、複数の商品に設定できます。
・1つのオプショングループには10項目まで設定できます。
(ラッピング・のし・袋・メッセージカード・・・など)

作成方法・商品への登録方法の詳細は、商品にラッピングや確認事項などの選択肢(オプショングループ)をつけたい『10項目まで・在庫管理は不可』をご参考ください。

商品にラッピングや確認事項などの選択肢(オプショングループ)をつけたい『10項目まで・在庫管理は不可』

【C】パターン
「ラッピング」という商品を作る

おすすめは「個別ラッピング」と「まとめてラッピング」という商品を作ることです!
複数の商品を購入する時に、個包装したい場合は「個別ラッピング」
まとめて1つにしたい場合は「まとめてラッピング」を選んでもらうことができます。

設定

ラッピング商品を登録しましょう。

【商品管理】>【商品の設定】>【商品の登録】

新しく商品を登録します。まず、「商品名」と「販売価格」を入れましょう。
無料ラッピングの場合は「0」円と入力してください。

商品の登録
オンラインマニュアル「商品の登録」

商品の説明文に「ラッピングのご案内とリンク」を付けておくと、お客様はスムーズに「ラッピング」の商品ページに飛ぶことができます。

ラッピングリンク

・HTML初心者の方には、「PC用メイン商品説明文」にはエディタ機能があり、かんたんにリンクを付けることができます。詳しくは、HTML入力補助ツールをご確認ください。
リンク

完成!

商品とラッピングを一緒に買ってもらいましょう!

買い物かごページ

・「個別ラッピング」は商品の数だけ選択してもらいましょう。

いかがでしたでしょうか。
ギフトやプレゼント対応など、ショップの運用に合わせて設定してみましょう。

それではまた!